勉強と生活に最適な場所:オーストラリアのクイーンズランド州

グリフィス大学は美しい亜熱帯のクイーンズランド南東部に5つのキャンパスを構え、ゴールドコーストでは 落ち着いたビーチ・ライフスタイルを、ブリスベンでは活気あふれる都市の雰囲気を味わうことができます。気候は快適な亜熱帯気候です。夏は明るく暖かく、穏やかな冬は晴天の日が多く、1年を通して過ごしやすい気候に恵まれています。冬季の平均気温は10~21度、夏季は20~29度です。

ゴールドコースト

オーストラリア国内でも特に成長の目覚ましいゴールドコースト地域には、60キロに及ぶ世界有数のサーフィンビーチはもちろん、大規模テーマパーク、海辺のショッピングエリア、豊かな森林、活気あるライブエンターテイメントやナイトライフスポットもあります。

ゴールドコーストの5大アクティビティ

  1. ドリームワールド、ワーナーブラザーズ・ムービーワールド、ウエット&ワイルドなど、世界有数のテーマパークで遊ぶ
  2. 世界一のビーチでサーフィンをする
  3. シーワールドやカランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリーで現地固有の野生動物を見る
  4. マンションタワーとして世界一の高さを誇る「Q1」の展望室からの眺望を楽しむ
  5. サーファーズパラダイスのナイトライフを体験する

ブリスベン

オーストラリアの「サンシャイン・ステート(日光の州)」にあるブリスベンは、世界で最も住みやすい都市のひとつとされています。州都としての活気の中にもリラックスした雰囲気が漂い、これらを併せ持つ都市はオーストラリアの中でここだけです。

ブリスベンの5大アクティビティ

  1. サウスバンクパークランドとストリートビーチを探索する
  2. ストーリーブリッジを登る
  3. クイーンストリートモールで買い物
  4. バレーやウエストエンドで盛り上がる
  5. 近くにある島を訪れる:ストラドブローク島、モートン島、フレーザー島など

学生にぴったりな場所

美しいビーチ

壮大な森林地帯

可愛い動物

世界各地からの料理

晴天の日が多い

ユニークな建築

様々な観光スポット

活気のあるナイトライフ

グリフィスメイト

Griffith Mates は、オーストラリア人と様々な国の留学生から構成されている、『学生による』学生のサポート団体です。大学での生活がより充実したものとなるように、多様なイベントを企画したり、学習サポートシステムなどを提供しています。

先輩の学生とペアを組み、1対1で大学生活をサポートしてくれるGriffith Buddy Programや、近郊への日帰りツアー、異文化交流を促すGlobal Connection Night などはその一例です。

クラブ・サークル

グリフィス大学には、スポーツ・文化・教育・政治・宗教といった多岐にわたる分野のクラブ・サークルが120以上存在し、知識や交流を深めようと積極的に交流しています。

日本人学生と他のグリフィスの学生との異文化交流を促進するとともに、日本語や日本の文化に関心のある学生が交流する機会を提供する「仲間ジャパンクラブ」も日本人留学生に人気です。

参加方法は、専用オフィスにて申し込む、又は browse clubs にて希望のクラブ・サークルと連絡を取り申し込むといった方法があります。 さらに、各学期の初めにはオリエンテーションがあり、各クラブ・サークルのブースに行き、その場で申し込むことも可能です。

グリフィス大学への入学が決まりましたか。渡航する前に準備しておくべきことを確認しましょう。

留学生のバディ・プログラム

Griffith Matesはバディ・プログラムを新入生のために運営しています。新入生が先輩の学生とペアを組み、1対1でサポートしてくれるバディ・プログラムは、オーストラリアや大学生活に慣れるため、そして友達を作るために役立ちます。

バディ・プログラムに登録

生活費

ブリスベンおよびゴールドコーストでの生活費は、オーストラリアの他の主要都市、イギリス、北米の都市と比較して安価と言われています。オーストラリア政府は、学生1人あたり、年間20,290 豪ドル程度が目安と紹介しています。

以下は、1週間あたりの生活に必要な費用の一例です。

  • 居住費:AU$160~AU$250
  • 食費:AU$80~AU$200
  • ガス・電気代:AU$60~AU$100
  • 携帯・インターネット:AU$20~AU$50
  • 交通費:AU$10~AU$50
  • 娯楽:AU$50~AU$100

上記内容には、参考書、フィールドワーク参加費、留学生保険、ビザ申請料金、帰国時の費用や高額な品物を購入する費用は含まれていません。

オーストラリアに到着時には、突然の出費に対応するため、3,000豪ドル程度準備しておくことをお勧めしています。

クレジット・カードと銀行口座

以下のクレジットカードをオーストラリアで使用することができます。

  • American Express
  • Diners Club
  • MasterCard
  • Visa

*JCBは取り扱いができない場合が多いため、上記カード会社をお勧めします。

銀行(日本国内)のキャッシュカードがデビットカードに対応しており、かつPlus・Cirrus・Visaにも対応している場合、オーストラリア国内のATMにおいて、現金を引き出すことができます。引き出しの可否、利用方法等については、ご契約されている各金融機関までお問い合わせください。

また、オーストラリアの銀行口座も開設することをお勧めします。オーストラリアの4大銀行と呼ばれている銀行は、ANZ、NAB、ウェストパックとコモンウェルス銀行で、その銀行の口座を持つと便利でしょう。オーストラリアに行く前でもオンラインにて口座を開設することが可能ですが、到着後でも銀行の支店にて開設することができます。

学生のブログ:Explore

Watch and learn

Current student Kento says watching movies and TV shows can help improve your English.

Find out now

Sports club fun

Current student Emilie shares her experience joining a sports club.

Read more

What to order at an Australian cafe

The Australian coffee culture is very different to many other countries. Learn what to order at a cafe.

Ordering coffee

お問い合わせ・資料請求